トップ > 展示場ブログ > 佐野神崎(BESS街区)のログハウスからこんにちは

展示場案内

Tel:028-643-1177
〒320-0066
栃木県宇都宮市駒生2-907-1
営業時間:AM9:30~PM6:00
定休日: 水曜日
(祝日は営業)

地図はこちら

モバイル版はこちら>>

展示場Voice

BESS総合サイト

BESS春夏フェア 梺ぐらし

7つの体感

スタッフ募集

BESSオーナー暮らしブログ集BOB

2010.12.27 カテゴリー : [007]現場だより 

佐野神崎(BESS街区)のログハウスからこんにちは
第15回 BESS街区佐野神埼近郊のご飯ものガイドと、年末の挨拶

 どうもこんにちは、Mです。本日2つ目のUPになります。今年のクリスマスはいかがお過ごしでしたでしょうか。私のクリスマスは、自宅でお正月用の「魚の甘露煮」と「イカにんじん」をつくっていました。もうすぐお正月ですからね、御節料理の下ごしらえしとかないといけません。今日は「豚の角煮」をつくろうかな。

 

 さて今回は、BESS街区佐野神崎近郊の定食屋さんの「ご飯もの」を2品ほど、紹介しようと思います。佐野神崎の自然に触れたあとに、ぜひ行っていただきたいと思います。

 

 まずは、佐野市でも旧「葛生町」の駅のそばにある創業80年の老舗「あずま」の「マニングライス」を紹介します。こちらの一品、名前を聞いただけでは何のことやらわからないと思います。実際、私もわかりませんでした。そこでイッチーさんに試食して頂きました。感想としては、ポークピカタとソテーとオムレツを合わせたような食べ物で、美味しかったとのことです。ついでに私は名物の「ラーメン」を食べました。美味しかったです。ごちそうさまでした。

 

 そして2つ目。旧「田沼町」でも国道293号線沿いに西に向かったところにある「PAO すり鉢」というお店です。ここは建物が独特で、モンゴルの「パオ」になっています。オススメは「すりばちラーメン」と「から揚げ」、そして今回紹介する「モンゴルライス」です。こちらは、色が赤く非常に辛いシーフードピラフの周りにキャベツが飾ってあり、それらをレタスの葉で包んで食べる形になります。辛さで後を引くコクのあるピラフがクセになります。案外さっぱり食べられるし、野菜も一緒に取れるのがいいです。ごちそうさまでした。

 

 というわけで、今年の「佐野神崎(BESS街区)のログハウスからこんにちは」はこれにて終了です。来年は1月14日までにUPの予定です。

 

 今年のBESS街区佐野神崎モデルハウスの営業は12月27日までになります。営業開始は1月2日からになりますので、お正月休みを利用して、ぜひこちらに遊びにきてみてください。おまちしております。

 

 それでは、よいお年を。

 

 

 

・カーナビ検索住所:栃木県佐野市船越町1112   担当:むなかた                     

                                 ℡080-6026-2959

※高速道からお越しの際は、佐野田沼ICを降りてから検索をかけることをおすすめします。そして・・・



BESS街区佐野神崎の概要については、ここをクリック!

これが噂の「マニングライス」です。一見地味に見えますが、卵の中には・・・!


さっぱりして美味しいラーメン。葛生に来たときには食べていただきたいです。


モンゴルライスです。後をひく旨さです。いっぱい野菜が取れるのもうれしい。


そんなお店が、実はここ(BESS街区)の近くにあります。お住まいになるといつでも食べにいけます。

PAGE TOP